インターネット衛星アンテナの自動オリエンテーション



人工衛星の解剖学 - 基本アーキテクチャ

サテライトのコンポーネント

最小観念のパターンとデザイン

衛星の種類 - 衛星歴史 可能な限り低いコストで動作能力の大きい増加を得るためには、研究では、通信エリア内に生じる。 したがって、通信衛星のアイデアには、2つの非常に異なった技術(ミサイルやマイクロ波)の組み合わせにより、第二次世界大戦直後に登場した。 宇宙時代は、周波数1957と20 MHzで信号を発する電波ビーコンを運んでいた旧ソ連でスプートニク1号初の人工衛星を打ち上げ40に始まった。 この信号は、宇宙から世界中にシンプルな受信機によって信号の最初のテスト実行の送受信を受け取ることができる。

衛星の特徴 最も顕著な特徴は、衛星通信システムが提供するサービスの多様性であり、人工衛星の広範なカバレッジは、長距離リンクを確​​立するために使用されています。 もう一つの特徴は、衛星がある点から別の点に渡す代わりに、さまざまな場所からの信号を収集したり、配布する機能を持っているということです。

衛星とは何ですか? それは、空間に配置された電子リピータである地球上で生成された信号を受信し、増幅し、地球に送り返されます。 衛星は、別のオブジェクトの周りの軌道に乗って移動したり回転し任意のオブジェクトです。 たとえば、月は地球の衛星であり、地球は太陽の衛星である。

衛星はどうでしょうか? アマチュア無線 "A"は衛星で受信された信号を送信します。 衛星は直ちにを増幅して再送信する。 アマチュアの "B"は、受信したと回答。 だから、衛星通信が開始されます。 通信衛星は、空間内の中継局として機能します。 彼らは世界の別の部分にメッセージを送信するために使用されています。 これらのメッセージは、電話、テレビボックス、あるいはインターネット接続することができます。 通信衛星は、EchoStarの静止軌道(GEO =土地+同期は=同じ速度で移動する)などの軌道上にある。 これは、衛星は常に地球上の地点に位置していることを意味します。 "見る"ことができる土地の面積は、衛星フットプリントと呼ばれています。


衛星の種類:

その軌道の場合:

静止軌道上の人工衛星や。 軌道は地球の赤道面、約36000Km(地球の半径に5,6に相当)の距離にあり、その結果、軌道周期は正確に地球(すなわち、自転周期に等しい場合恒星日として知られている23 h、および56s 4 min)は、、我々は、静止軌道衛星とその軌道を介して実行されているが、静止衛星であると言う。 これらは、衛星通信のための出発点であった、と事実上、企業通信ネットワークのために今日使用されているすべての衛星は静止軌道である。 これらの衛星の基本的なアプリケーションでは、伝送はポイントツーマルチポイントおよびポイントツーポイントです。

Ø衛星地球低軌道を回る(LEO)。低軌道衛星は平均で1.500キロの低軌道に位置していますが、200 2000とキロの間とすることができる、軌道周期は90と120分の間にある。 これらの低軌道は同時に究極の目標を達成するためにカバーするためにステージの一つとして、衛星通信技術の初期の時代に使用されていた、それが必要な発射パワーをとる手段がありませんでした静止衛星だった対応する高キロ360000翼静止軌道上の衛星を配置します。

その目的のために:

Ø衛星地球観測。

Ø気象衛星。

Øナビゲーション衛星。

電気通信や衛星。

軍事やスパイや衛星。

アマチュア無線や衛星。


長所と短所

利点

古典的な地上システムは、低速での実装とは異なり、地理的に広い範囲の即時かつトータルにカバーするØ。

距離や、山などの自然の障壁の自立へのO能力。

デメリット

衛星通信は、伝搬遅延の対象となるO、地上局に影響を与え、雨、雪と太陽のスポットによって弱体化されており、また無線妨害、電子レンジ、空港に苦しむ。

o高コスト。

または生涯。

Ø法的問題。


同時接続のセットを通過する衛星は、中央およびネットワーク義務付けられています。 この意味では、ネットワークの結節点として考えることができる。 通信衛星の主な機能は以下のとおりです。ダウンリンク上で送信するために受信した搬送波信号を増幅するために、O。 または干渉の問題や衛星を回避するキャリア信号の周波数の変化は、ペイロードおよびプラットフォームで構成されています。 またはペイロードが受信および送信アンテナ、および情報伝達信号の伝送をサポートする電子機器で構成されています。 Oプラットフォームは、オペレーティング·ペイロードを許可するすべてのサブシステムから構成されています。


  • GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!